2009/08 ≪  2009/09 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2009/10
秋の恵み
2009/09/30(Wed)
090928ブナハリタケ1 090928ブナハリタケ2
旦那ちゃんが上越の方からいただいたというブナハリタケまいたけ
この時期にブナの朽木に生えるそうです まさに今が旬
それを旦那ちゃん自ら塩バター炒めにしてくれました
名前の通り、裏側が針のようにトゲトゲしているのですが炒めたことでカリッカリになって
とっても香ばしくて美味しくいただきました 秋の恵みですね~
090928ブナハリタケ3




スポンサーサイト
この記事のURL | 食・農 | CM(0) | ▲ top
命の襷
2009/09/25(Fri)
敬愛する敏秋おじいちゃんへ


おじいちゃん…
今、そちらで何を想い、何を感じ、私達にどのようなメッセージを送っていますか?
おじいちゃんがそちらの世界へ旅立ってから早いもので一週間が経ちます。

おじいちゃん…
31年前の今日、私は貴方の初孫としてこの世に生を受けました。
8月30日に飯山に来てくれた時「もうすぐ誕生日だな…」って楽しみにしてくれていたけど
今年は初めておじいちゃんがいない誕生日を迎えました。
今日ね、おじいちゃんが旅立つ10日前に実家に送ってくれたりんごをいただきました。
「理恵子が来たらあげてくれ…」って私のために送ってくれたとお母さんから聞きました。
おじいちゃんからの最後の誕生日プレゼントだと思うと胸がいっぱいで涙が止まりません。

でもね、おじいちゃん…
おじいちゃんの旅立ちがあまりに潔くて冷静になればなるほど実感がまだ湧かないんだよ。
これが夢ならいいなと本気で思います。
電話をかければすぐにおじいちゃんの優しい声を聞けるような気がするし、
家に遊びに行けばまた普通に明るい笑顔に会えるような気がするんだもん。
あのごく当たり前の日常に今すぐにでもタイムスリップしたくて仕方ありません。


おじいちゃんとの思い出は本当に数えられないほどあるよね?
小さい頃に私を背負って「よっこらしょ~のしょっ!こりゃ重いなぁ~!」って
ケラケラ笑いながら田んぼや畑に連れて行ってくれたこと。
りんご農園で真っ赤なりんごを頬に当てながら「理恵子のほっぺたの色と同じずら~」と
おじいちゃんが作った蜜たっぷりの大きなりんごに一緒にかぶりついたこと。
「困ったことがあったらじいちゃんに何でも言うだよ…」と心配して頻繁に電話をくれたこと。
米やキビ、野菜、りんごを私達家族だけでなく全国各地の私の友人達にも送ってくれたこと。
「じいちゃんは専属運転手だからね…」と浪人下宿中に朝夕と軽トラで送迎してくれたこと。
私の大学時代に大きなリュックを背負って埼玉のアパートまで遊びに来てくれたこと。
「理恵子はその声を活かすといいぞ~」と今の仕事を応援してくれたこと。
おじいちゃんとおばあちゃんと私の3人だけで温泉や食事に出かけたこと。
7人の孫達との笑い話で盛り上がり、真っ赤に頬を膨らませながら笑いを堪えていたこと。
「孫がまた一人増えてこんなに嬉しいことはない…」と私達の結婚を心から喜んでくれたこと。
旅行でロシアへ行くと話したとき「それはいい選択だ」と大賛成してくれたこと。
「戦時中のシベリアのことを伝え遺したい」とカメラの前で平和の想いを語ってくれたこと。
70歳から始めたハーモニカ、90歳から始めた二胡を一生懸命に練習し、
「じいちゃんの演奏をお聴き下さい」と電話越しでミニ演奏会をしてくれたこと。
「農業は楽しい」と80代後半からキビ栽培にも挑戦し自給自足の大切さを教えてくれたこと。
おじいちゃんとおばあちゃんの家に遊びに行く度に「よく来た、お帰り~」と迎えてくれたこと。
「夫婦仲良きゃ家族は安泰!じいちゃんはばあちゃんを愛してるだ…」とのろけてくれたこと。

まだまだここには書ききれないほど沢山のおじいちゃん像が次から次へと思い浮かぶけれど
決して威張らず、人様の悪口を言わず、いつも広い目で周りを思いやるおじいちゃんでしたね。

時に心傷つき、辛いことや悲しいこと、くじけてしまいそうなこともあるけれど、
そんな時、前向きにひた向きに生きる幸せや楽しさを教えてくれたのもおじいちゃんでした。
私達に示してくれた生き方、凛々しい姿、愛くるしい表情、優しい言葉…全て忘れません。

私も夫婦仲良く、親や家族を慈しみ、笑顔溢れる温かな家庭を築いていきます。
人を敬う気持ちと感謝の心を持ち、健康に留意しながら日々の生活を大切にしていきます。
おじいちゃんから引き継いだ命の襷はちゃんとこの手で受け取りましたよ…。

だから、どうか安心してそちらの新しい世界でゆっくりと安らかにお過ごしください。

敏秋おじいちゃん、91年間お疲れ様でした。
今まで沢山の愛を本当に本当にありがとうございました。



                                        感謝の気持ちを込めて…
                                             初孫 理恵子より


                                               平成21年9月25日





この記事のURL | 家族・友 | CM(10) | ▲ top
セラピーゼリー
2009/09/17(Thu)
090917トマトゼリー
飯山の森林セラピーデザートとしてもオススメされているのがこちら
パティスリーヒラノさんのトマトゼリー
サッパリしていてトマト好きにはたまらない新たなデザートです



この記事のURL | 食・農 | CM(2) | ▲ top
全ては優しさから・・・
2009/09/12(Sat)
今日は第4回料理研究家・辰巳芳子 氏 講演会 in 信州飯山でした
090912辰巳芳子講演会1 090912辰巳芳子講演会2
                            (写真右:料理名「アンへレスおばさんの卵」)
                       
今回は、トマトを中心としたおなじみ野菜の扱いを実演を交えて数品教えていただきました
じっくりと時間をかけて作るトマトジュースは今まで味わったことがない位優し~い味でした
決して難し過ぎることはないけれど、シンプルなものほど手がかかりごまかしが利かない
あの味は質の良い素材と作る人の愛情がなければできないということを実感できました
愛情とは、食べる人のことを考えて命を育む食べ物を用意する気持ち・・・

「料理は全て優しさからよ…」「食の伝達は命の伝達…」「幸せに生きるとは“何か”を考えるのよ…」
辰巳先生のお言葉は奥が深く、そのお話に触れる度に自分を省みるきっかけになります
言葉の力ってすごいですね

今年も多くの聴講者の方々がいらっしゃってましたがほとんど市外県外の方ばかり・・・
飯山の方にもぜひ聞いていただきたい貴重なお話でしたよ
iネット飯山でも後日放送されるようなので参加できなかった方はご覧ください
 

さて、これから明日のみゆき野青年会議所35周年記念式典&祝賀会のリハーサルです
よし、行ってきま~す 


この記事のURL | イベント・地域交流 | CM(0) | ▲ top
風の蔵
2009/09/10(Thu)
今日、仕事の打合せ場所となったのがこちらの「風の蔵」という御茶処
090910風の蔵1 090910風の蔵2
寺町からつづく神明町の道沿いにあるのですがとっても静かで趣きのある雰囲気
その名の通り、お店の中まで爽やかな風が入ってきます風の通り道みたい・・・
店内は和紙やあけび蔓などの工芸品も販売されていて飯山らしさも感じられます

喫茶店ならではのレモンスカッシュやそば茶をいただきながら打合せも順調に進みました
また、週末限定の「大聖寺ごま豆腐」や「野菜クレープ」もオススメのようですよ
今度はそれを目的に行ってみようかな~ ウッシッシ




この記事のURL | 飯山 | CM(0) | ▲ top
アリ?!
2009/09/09(Wed)
いただき物がほとんどですが、今はまり中なのが“ナシ”
090909ナシ
ここのところ1日1個は必ず食べています
このシャキシャキ感と瑞々しさがたまらなく美味しいなし
今しか味わえない旬の味だから食べ過ぎちゃってもアリ

季節限定・・・という言葉にはついつい甘えてしまいます


この記事のURL | 食・農 | CM(2) | ▲ top
| メイン |