2011/03 ≪  2011/04 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2011/05
400
2011/04/29(Fri)
献血
今日は学生時代以来となる献血をしてきました 

「体調も良さそうですし、血液の質もすこぶる良いので400にしちゃいましょうか?」

久し振りだったので献血量を控え目に200mlで希望していたのですが、
事前問診と採血検査で医師と看護師さんから思わぬ太鼓判を押されて
「じゃあ、そうします~」のノリで倍に変更した私。

とは言っても、400mlって結構な量ですよね?
どんどん吸い上げられていく血液の量に驚きながらも、
「この血液がいつか誰かのためにお役に立つかもしれない」と思うだけで
愛しく愛しく思えてしかたありませんでした。

でも、献血してからの保存期間があまり長くはないようなので、
一刻も早く人様のお役に立てられれば幸いです。 




スポンサーサイト
この記事のURL | 健康・美容 | CM(0) | ▲ top
祈願桜
2011/04/29(Fri)
110429さくら

大切な人の手術の成功にホッと一安心。

全快と健康を願うかのように…。
庭の桜の蕾も一斉に花を開き始めました
淡いピンク色を見ると気持ちがゆったりと落ち着きますね。

満開の笑顔の花も咲きますように…。



この記事のURL | 環境・自然 | CM(0) | ▲ top
我が振り直せ!
2011/04/28(Thu)
どこでそんな知恵を身につけたのか…。


肩を叩いて私を呼ぶ息子。
「なぁ~に?」と振り向くと小さな指で摘んだお菓子のかけらを私の口元へ…。

「えっ、お母さんにくれるの

若干1歳にして優しさが芽生えるとは…と
子どもの小さな成長を喜んだ親バカな私でしたが、それもつかの間。
得意気な顔でヒョイっと自分の口に入れたのです。

「・・・・あ、あれっ

その後も口を開けてちょうだいをしてもフェイントをかけては嬉しそうに自分の口へ…。

「えぇ~ お母さんにくれないのぉ~

傍から見ればどっちが子どもだかわからないやりとりだったようですが、
1歳の息子にからかわれて少々へこたれました

しかし、諦めかけたその時
ついに私の口にも入れてくれたのです。

でも、何かがおかしい…

そう、息子が私の口に入れてくれたのはお菓子ではなく、毛玉…。

「なぬぅ~ 食べ物じゃないじゃなぁ~い
周りの家族には笑われるは、何てこったです。


うぅ、まったく、親の顔が見たいもんだわ


私かっ


その後、何度もやる内に母親のしつこいちょうだいに観念したのか、
ご飯の時間も覚えたての手づかみ食べのぐちゃぐちゃの手を
私の口の周りにこれでもかと擦りつけるようになりました

これも成長のひとつ…と緩い気持ちで楽しんでいますが、
「今の時期ってホントに大切だよ~」と先輩ママさんたちからもよく聞きますし…。
しつけって難しいものですね。
「三つ子の魂百まで」とか「3歳児神話」とか言われますが、
子育てしながら、できてない自分に気付くことばかりで
「堂々と叱れる立場じゃないよなぁ~」と恥ずかしかったりします

「子の振り見て我が振り直せ」ですね。




この記事のURL | 子ども | CM(2) | ▲ top
花を愛でる前に…
2011/04/26(Tue)
20110426172613.jpg
雨降りつづきですが、もうすぐ、もうすぐ…。

本格的な飯山の春はもうすぐそこです。
なぜなら、これを食べられるようになったから

黄色い菜の花が一斉に咲く前に毎年楽しみにしているのが…。

こちらの“とうたち菜”のお浸し。

湯がくとやわらかくなって、そのシャキシャキ感がたまらない
私はこれでまず飯山の春を感じます。

今日は、鰹節とお醤油をちょっとかけていただきます。 

マヨネーズと刻み海苔をかけても、わさび醤油やゴマドレッシングをかけても、
他には、とうたち菜のちらし寿司や煮物の添え物にしても美味しい春の味覚です。

次は、とうたち菜を使ったお菓子も作ってみようかなと企み中です。




この記事のURL | 食・農 | CM(0) | ▲ top
懐かしの味…
2011/04/25(Mon)
110426水あめ
「これは美味しいぞ~」と以前実家の父が買ってきてくれた水飴。

小さい頃、風邪をひくと母親が大根を角切りにして大根飴にしてくれたり
身体を温めるようにとお湯で溶かして飴湯にしてくれた思い出がありますが、
割り箸でクルクルっとしてそのまま口に頬張るあの幸福感は何とも言えません

喉が弱い私は、時々この水飴にお世話になって喉を潤していますが、
今、朝の連続テレビ小説でも時々出てくる水飴を食べるシーンを見る度に
気付けば水飴片手に太陽の陽子さんになりきっています



この記事のURL | 食・農 | CM(0) | ▲ top
心の川、希望の光
2011/04/24(Sun)
110424千曲川チャリティーイベント
「子どもたちは自然の中へどんどん出してあげてほしい…」

日本を代表するカヌーイスト野田知佑さんのメッセージです。

「子どもが外で遊べばケガをするのは仕方ないことです。
でも、それを恐れて好奇心も可能性も押さえ込んでいませんか

泥んこ遊びや川遊びの経験もなく大人になるのはもったいない。
小さい頃から自然に触れて五感をフルに刺激してあげてほしい…。
世界中、日本中の川を知り尽くした野田さんのお言葉は奥が深く、
ここ飯山に流れる命の川、心の川「千曲川」の素晴らしさを
改めて知ることができた千曲川チャリティーイベントでした。

110424絵本
野田さんをモデルに絵本を描かれたイラストレーターの藤岡牧夫さんは県内のご出身。
信州の大自然を色々な角度から優しいタッチで描かれ作品を残されています。
こちらの絵本の朗読も千曲川を背景にその情景が物語そのもので趣あるものでした。

飯山市に移住して10年の旅の音楽家・丸山祐一郎さん&こやまはるこさんのライブも
木島平小学校2年1組の子どもたちも一緒に大合唱し盛り上がりました。
子どもたちの元気な歌声が菜の花の丘に響き渡り希望の光が見えた気がします。

このように、震災後はさまざまな形で復興支援が行われていますが、
少しでも何かお役に立てられるように日頃の生活を大切に過ごしていきたいと思います。





この記事のURL | イベント・地域交流 | CM(0) | ▲ top
24日(日)13:00~菜の花公園で!
2011/04/24(Sun)
おはようございます

今日の千曲川チャリティーイベント13:00~です

駐車場は、菜の花まつり期間中同様に東小学校下のチェーン着脱所です。
会場まではちょっとだけ歩いてお越しいただくことになりますが、
丘を上ると雄大な千曲川と残雪の山々といった美しい景色が待っています。

ぜひ、会場でお会いしましょう



この記事のURL | お知らせ | CM(0) | ▲ top
蕾。
2011/04/21(Thu)
110421sakura
庭の桜の花が咲くのはもう少し先のようです…
うららかな春の光を浴びて蕾が膨らみはじめました。




この記事のURL | 環境・自然 | CM(0) | ▲ top
山の使者からの伝言
2011/04/18(Mon)
我が家の周辺では…

野生の動物たちがときどきひょっこりと姿を現してくれます。

リス、ウサギ、ムジナ、ハクビシン、キツネ、
キジ、イタチ、サル、イノシシ、クマなどなど…。

ここ数年で目撃しただけでもこんなにいます


そして、今日外出するときに庭先でバッタリ遭遇したのが、カモシカ
カモシカに会ったのは今回でなんと3回目です。
しかも、今日は5、6m位の至近距離だったので、その大きさにビックリでした。
突然目の前に現れたら皆さんもビックリしますよね~
でも、興奮気味に慌てる私に比べていつも超冷静なのが我が家の山男。

「どの動物も普通の通りすがりだから、慌てない、慌てない…(笑)」

知床の野生のヒグマやエゾシカに囲まれた生活経験がある彼曰く、
「過剰反応しなければ、襲ってくることはまずないよ」とのこと。
「遭遇したらとにかくそっと静かにすること」といつも言われます。

そうこうしている内に、ノッソノッソと大きな体を上下に揺らしながら
意外と速いスピードでお山へと帰って行きました
確かに、動物たちは自分たちの縄張りの中で上手に暮らしていますね。

普段何気なく生活している中で、ふとこういう出逢いがあると
人間の私も地球上の一動物であることを実感したり、
自然界の一部だということを改めて考えさせられます。

真面目にそう思うのです

もしかしたら、そういうことに気付いてほしい人の前に
山の使者である動物たちは現れてくれるのかもしれませんね。


今夜も、静まり返った裏山から「ホーッ、ホーッ」と優しいフクロウの声が聞こえます




この記事のURL | 環境・自然 | CM(0) | ▲ top
きっかけになる輪!
2011/04/18(Mon)
昨日、今日と春の飯山を舞台に2011飯山菜の花サイクルロードレースと
2011全日本学生ロードレース・カップ・シリーズ第1戦菜の花飯山ラウンドが開かれ
私もこの大会は2年振りにアナウンスのお手伝いで行ってきました

今年で5回目を迎えたこの大会
飯山出身の自転車選手も近年活躍していることから子ども達にも人気が高まりつつあり、
今年は地元参加の枠を設けて、小中学生によるチャレンジ200mダッシュという競技もありました。
そして、学生のレースも過去最多の出場選手が集まったんですよ。
何と言っても、目の前で繰り広げられるレースは迫力があります
110416菜の花サイクル2 110416菜の花サイクル4
そして、会場では飯山特産のきのこが沢山入ったきのこ汁がふるまわれ選手にも喜ばれていました。
また、「がんばろう栄村」として、地元の伝統的工芸品である飯山仏壇の
彫金の伝統工芸士が制作した銅製のブレスレットが義援の輪として販売されていました。
自転車のタイヤをモチーフにデザインされたそうですよ

こうして、競技を通して義援の輪が広がったり、文化や伝統を知ってもらうきっかけにもなって
また違った目線で点と点が線になって輪になっていく喜びを感じた1日でもありました。

来年はぜひ、会場へ応援&観戦にお越しくださいね。





この記事のURL | イベント・地域交流 | CM(0) | ▲ top
千曲川チャリティーイベント
2011/04/13(Wed)
「千曲川チャリティーイベント」が開かれるそうです。

日時 : 4月24日(日) 13:00~15:30
会場 : 飯山市「菜の花公園」 

カヌーイスト野田知佑さん、イラストレーター藤岡牧夫さん、旅の音楽家丸山祐一郎さんの
トーク&コンサートをお楽しみいただきます。

参加費 : 2,000円 ※参加費は被災地への義援金として送られます
オプションで10:00~12:00でカヌー体験も実施(2,000円)

お問合せ・お申込み先 : なべくら高原・森の家 0269-69-2888

詳しくはこちらをご覧ください。



この記事のURL | お知らせ | CM(0) | ▲ top
春はそこに…
2011/04/11(Mon)
今朝も身体に一瞬だけ感じる程度の余震で目が覚めました。
未曾有の大震災から早くも1ヶ月…。
「あれは夢だったのかな…夢ならいいのに…」と錯覚するほど
外の穏やかな陽気からはとても想像もできません。
同じ日本にいながら何でこんなにも違うのか…。
TVや新聞の間接的な情報だけでも被災地の方のご苦労は計り知れません。
今だにもどかしい気持ちでいっぱいです。
110410菜の花公園1 110410菜の花公園2
それでも、飯山は雪も徐々に融けて平穏な春がすぐそこに顔を出しています。

昨日は、近所の菜の花公園に行ってきました。
今、雪の下で待っていた“とうたち菜”が葉を広げて冬眠から目覚めた頃…。
これからぐんぐんっと茎が伸びて5月の連休にかけて一斉に黄色い菜の花が咲き始めます

第28回いいやま菜の花まつりは5月3日~5日の開催予定。
震災のことも考慮して全国的にイベントも自粛モードですが、
今年のいいやま菜の花まつりはお越しいただいたお客様に
少しでも心に安らぎを感じてほしいという意向で開かれることになったそうです。

このまつりに向けて菜の花の手入れや公園整備をしているのが、
私も一昨年から仲間入りさせてもらった地元の菜の花さかせるかいのメンバーと
中高生が中心に活動している菜の花すくーるの子ども達です。
今日は冬囲いの撤去や落ち葉や枯れ枝拾い、トイレ掃除などをしました。
お客様をお迎えする準備が着々と進んでいます。




この記事のURL | 環境・自然 | CM(2) | ▲ top
憩いの空間
2011/04/09(Sat)
 110409カフェ空楽
「ばあちゃんでも気軽に入れて店員さんがとっても親切なんだよ」と
83歳の祖母が医者に行った帰りのバスの待ち時間にいつも立ち寄るというカフェ…。

それが、「まちカフェ空楽(くうらく)」

今日は私も仕事帰りにちょっとおじゃまして紅茶をいただいてきました
ここは、飯山市の本町商店街にあった喫茶店を改装して昨年開店したお店ですが、
個人経営ではなく、本町商店街協同組合などが中心に協力しあって営業しているそうです。
お店の入口にある看板は地元の飯山高校美術部が手掛けたデザイン
内装は飯山特産の内山紙が多く施されていて、
客席の座布団はパッチワークの会の皆さんの作品、
そして、飾られている写真や絵画は愛好家の方が提供して下さった作品…と
アットホームな雰囲気で手作り感に溢れています。

そもそも、この「まちカフェ空楽」は市街地の空洞化や空き店舗の軽減を図って
「若者から高齢者までが憩える場所を…」と飯山市社会福祉協議会が案を出して
本町商店街協同組合が運営することになったそうです。

人と人との繋がりや地域の結束力が必要とされている今だからこそ
このようなコミュニティの存在があるだけで心強く安心できますね。

いずれは子どもと母親向けの本の読み聞かせ会や演奏会も開催する予定だとか…。
これからの企画が楽しみな魅力的なカフェです。

ちなみに、私がいただいた紅茶は矢車菊とバラのフレーバーティー。
リラックスできる程良い香りで美味しかったです。
110409カフェ空楽1 110409カフェ空楽2
その他、カフェのオススメはそばパスタや数種類揃っているカレーライス、
以前の喫茶店でも名物だったジャンボトーストもお客様のリクエストで復活したそうですよ

皆さんもぜひ一度…。




この記事のURL | 食・農 | CM(0) | ▲ top
サクラクッキー
2011/04/08(Fri)
サクラの花の塩漬けを入れた米粉クッキーを焼いてみました
110408サクラクッキー

サクラクッキー
<材料(約30個分)>
米粉 … 100g
粉糖 …  40g
アーモンドプードル … 50g
バター … 70g(常温に戻しておく)
豆乳 … 大さじ2
桜塩漬け … 15g(水につけて塩抜きする)

<作り方>
①バターをクリーム状になるまで練る
②①に米粉、粉糖、アーモンドプードルをふるってさっくり混ぜる
③塩抜きした桜の塩漬けを細かく切って混ぜる
④豆乳を入れてひとかたまりになるまで手でこねる
⑤まとまったら500円玉ずつの大きさに成型して
  クッキングシートを敷いた鉄板に並べる
⑥180℃のオーブンで約25分焼いたら出来上がり


サクサクッと軽い歯ざわりで、スーッと舌の上でとける不思議な食感。
ほ~んのり桜の香りがして春を感じられるお菓子です。



この記事のURL | 食・農 | CM(0) | ▲ top
おかげ様で…
2011/04/04(Mon)
おかげ様で、3月30日に1歳の誕生日を迎えました。

このような時だからこそ、健康無事に初めての誕生日を迎えられ、
両家の家族が揃ってお祝いできたことがどんなに幸せなことなのか…
家族の絆や心の繋がりをひしひしと感じながら新年度スタートしました。

小さかった息子もこの1年で色々な成長をみせてくれるようになりました。
朝は、一番に目覚めてニコニコ笑いながら私たちの顔をパンパン叩いて起こし、
順調に進まなかった離乳食も、今では好き嫌いなく何でも飲んだり、食べたり…。
ハイハイで部屋中を動き回るようになってからというもの
コロコロをおもちゃに、着ている服はモップ代わりにお掃除Babyとして大活躍!
文字を指で追いながら「レロレロレロレロ…」と新聞や絵本を読んでくれて、
誰かに会えば、キラキラ、バンザイ、拍手などひと通り覚えた手遊びを披露し、
おもちゃのラッパも得意顔で吹き鳴らせるようになりました。
そして、誕生日には実家のピアノに初めて触れてすっかりはまった様子!
110330初めてのピアノ
只今、色々なことに興味津々、好奇心旺盛な1歳坊やです。

一方、相変わらず不器用でのんびりペースの私ですが、
4月からはお仕事もできる範囲で少しずつ再開していく予定。
子どもの成長に刺激を受けつつ私自身も成長できるようにファイトです。



この記事のURL | 子ども | CM(3) | ▲ top
| メイン |