2011/05 ≪  2011/06 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2011/07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
これからの子ども達のために…
2011/06/28(Tue)
この週末は、楽しみにしていた信州森フェスに行ってきました

1日目は遊び&打合せに、2日目はMCのお仕事として…。
連日雨模様だったのに菅平高原は天空の別世界のように清々しい陽気でした。

森フェスの目的は2つ
1、森との関わりを見出し、普段の生活につながるような意識を持ち帰ってもらうこと。
2、次世代に向け森の資源を生かした暮らしの可能性について考えること。

森フェスというだけあってプログラムの内容もモリ沢山
自然や環境、森と人とのつながり、命の尊さについて考えさせられるものばかりでした。
110626morifes1 110626morifes3 110626morifes2
トークライブや音楽ライブの他に、間伐材や端材を使った木工品作りや
エコツアーなどのワークショップも人気を呼んでいて
赤ちゃんから大人まで多くの人が訪れてゆったりと楽しんでいました。

特に注目していただきたいのが、森フェスのステージの電源です
110626morifes6 110626morifes5
これは全て廃食用油が燃料になっているんです。
私もマイクを持ちながら、普段とは違う思いで仕事をさせていただきました。

普通に電力会社から電気を供給するのとバイオディーゼル燃料(BDF)から供給するのとでは
長い目で見ると環境や人に与える影響は格段に違うのだとか…。
BDFのように地産地消のエネルギーは持続可能なエネルギーとして注目されています。


「これからの未来ある子ども達に、笑顔で生きてもらいたい」
そんなメッセージを今回森フェスに参加させてもらって強く、強く抱きました。

音楽ライブで演奏して下さったUKIの皆さんの新曲「太陽とことりのうた」
(確か、こんな曲名だったはず…間違えていたらゴメンナサイ
森に包まれている優し~い気持ちになれるとってもステキな曲でした
おススメです


スポンサーサイト
この記事のURL | 仕事 | CM(0) | ▲ top
Viva!還暦
2011/06/25(Sat)
先日、実家の父がめでたく還暦を迎えました。

私たち、子ども3人からは赤いチャンチャンコならぬ…
今、クールビズで話題の赤色ベースのステテコをプレゼント
「部屋着にもいいなぁ~」と喜んでくれました。
若々しく見えてなかなか似合ってたね


そして、そして…


主人側の家族からは真っ赤に色づいたさくらんぼのお祝いが届きました
110623さくらんぼ
お義父さん、お義母さんありがとうございま~す。

お父さん、60歳を迎えたけれど無理せず、身体に気をつけてね…。
これからもくだらないギャグで家族を笑わせて下さいまし(笑)




この記事のURL | 家族・友 | CM(0) | ▲ top
冬支度?!
2011/06/22(Wed)
温度計は30℃を超えようとしています
7月目前の梅雨時に本格的な真夏日になりましたね
じっとしているだけでも汗がにじみます

ところで、この季節が訪れると我が家は冬支度に入ります。

「早っ」 とお思いでしょうが、これが恒例行事でして、
梅雨が明ける頃に薪割りをすることで、夏の内に乾燥して良質の薪になるのだとか…。
110622薪3 110622薪2 110622薪1
これも、長年お世話になっているリンゴ農家の方から譲り受けたり、
知人の山から木を伐り出してトラックで運んできたものです。

我が家の男衆の手にかかれば何てことのない娯楽の一つのようですが、
傍から見物している私からすればかなりの重労働です

冬、暖かい部屋で過ごせるのもこうした家族の支えのお陰です。
感謝しています。


この記事のURL | 暮らし | CM(0) | ▲ top
ネマガリダケ
2011/06/20(Mon)
110620ネマガリダケ
「こんばんは~」 玄関から聞き慣れたおいちゃんの声…。

今度は、ネマガリダケが届きました。
採れたてでまだ瑞々しい

サバ缶入りの竹の子汁はこの辺りでは定番中の定番料理だけど、
通の食べ方は、シンプルに焼き竹の子
それが良いらしい…

皮を剥いたら包丁で縦に筋を入れて、トースターで5、6分
そこに醤油をサッとかけてれば出来上がり。
「やわらかくてうんめぇよ~。」

よし、早速やってみよう。

おいちゃん、今回もありがとうございます。
おかげで今夜の酒の肴が一品増えました。




この記事のURL | 食・農 | CM(0) | ▲ top
信州森フェス
2011/06/19(Sun)
shinsyufes
信州森フェス6月25日(土)、26日(日)に今年初めて菅平高原で開かれます

合言葉はLOVE THE FOREST ~「ひと」と「き」を感じるひととき~
メインステージではトークセッションや音楽ライブ、ワークショップなどのプログラムがモリだくさん。

フードコーナーやマーケット&PRブースも充実するそうですよ。 

私も2日間遊びに行く予定…。 楽しみです




この記事のURL | お知らせ | CM(0) | ▲ top
もしも我が家にもいたら…
2011/06/18(Sat)
先日、書店で真っ先に目に留まった本がこちら
110618book
数年前にドラマでも話題になった水野敬也さん原作の「夢をかなえるゾウ」
ドラマは見たことがないけれど、象好きが高じてタイトルに妙に引きつけられてしまい
内容もよく確認しないまま衝動買いしてしまいました

早速、家に帰って読み始めたところ…これが、とっても面白い

顔がゾウで身体が人間の形をした「ガネーシャ」という名のインドからやってきた神様が、
主人公のごくごく平凡なサラリーマンの家に突如として現れ
住み始めてしまうところから物語が始まるのですが、
ガネーシャは主人公の夢を叶えるために様々な課題を与えていきます。
それが、今の私にも必要な課題ばかりでとてもためになります。

しかも、なぜか関西弁を巧みに話すガネーシャ(笑)
そのテンポがとても読み心地良くてケラケラ笑いながら読んでしまう。

もしもガネーシャが我が家にもいたら…なんて想像してみたり。
不器用な主人公と私自身とが重なって反省することもしばし。
でも、読み進めていくうちにポジティブな気持ちに変わっていくのがわかるんです。

・夢や目標を持つこと
・それを叶えるためにまず実践してみること
・始めたことは諦めず継続して努力すること

その大切さを私もガネーシャから教わっています。
偶然目に留まった本だけど、もしかして出逢うべくして出逢ちゃった本なのかも






この記事のURL | 趣味・遊び・学び | CM(0) | ▲ top
おめでとう♪
2011/06/17(Fri)
旦那ちゃんの北海道時代の仕事仲間であり友人のCちゃんがこの度ご結婚されました
当日は北海道まで御祝いに駆けつけることはできなかったけれど、
長野からお祝いしていましたよ。

先日、Cちゃんから道産子名物がたっぷり入った引き出物が届きました。
ありがとうございます。
110617引き出物
それから、Cちゃんデザインの手ぬぐいもウミネコが描かれています。

北海道の雄大な大自然の中できっと素晴らしいご家庭を築かれることでしょうね。
Cちゃん&Hさん、ご結婚おめでとうございます。

末永くお幸せに




この記事のURL | 家族・友 | CM(0) | ▲ top
優雅な癒し
2011/06/13(Mon)
今日は家族でお隣の中野市一本木公園へ遊びに行ってきました
ここで、今週19日(日)までなかのバラまつりが開かれています
私も久し振りに行きましたが今年も色とりどりのバラの花が咲き誇っていましたよ。
    110613rose5
入口にあった「只今分咲き」の看板のの中は、7でも8でも9でもなく
満開の見頃咲きになっていました
110613rose1 110613rose2 110613rose3 110613rose4
バラのソフトクリーム美味しそうだったなぁ~
指をくわえながらも、さらに甘く深~い香りに誘われて奥へ…。

バラのアーチ、トンネルをくぐりながら優雅な癒しのひとときを過ごしました。

会場内では花の販売やフードコーナーも充実していましたよ~。
イベント終盤の18日、19日にはコーラスなどのステージ発表もあるそうです。

まだ行ったことのない方、ぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか








この記事のURL | 環境・自然 | CM(0) | ▲ top
涙、涙。。。
2011/06/12(Sun)
今までお店のシューズ売り場に連れて行ってもなぜかクツを怖がって履きたがらなかった息子
でも、1歳になったこともあり、そろそろ用意してあげたいな~と今日思い切って購入しました
それも、昼寝の隙に足のサイズを測って、お手頃で履きやすそうなクツを選びました

しかし、クツを見せるも一向に「ィヤッ」と首を横に振ってはクツから逃げるだけ
その逃げ足の速いこと速いこと(正確には逃げハイハイでしたが…)
クツに食べられるとでも思っているのかな

私も自分の靴を履いて見せたり、息子のクツを使って腹話術してみたり(笑)
とにかく、「クツは怖くないよ~」と教えるのに必死でした

そんなやりとりがしばらくつづいた頃…。
ふとした瞬間に息子が自分から足を出してきたのです。
それも、嫌がりもせずスッとクツを履いたではあ~りませんか。

もう母ちゃんは涙、涙でした

そのまま、外へ出てあんよの練習。
外で歩くのは今日が生まれて初めてのことです。

「よいちょ、よいちょ」と自分でも掛け声をかけながら
一歩一歩楽しそうに歩を進める息子の成長の姿に感動しっぱなし。

今日はクツも克服できたし、外であんよデビューもできた記念日。
一緒におさんぼする日がまた楽しみになりました。

110612あんよ1 110612あんよ2





この記事のURL | 家族・友 | CM(0) | ▲ top
100年先…
2011/06/09(Thu)
100年先のブナの森について考える…

「う~ん…100年先のことまで真剣に考えたことないなぁ~

と、私のように思ったそんな皆さん
今週末6月11日(土)になべくら高原・森の家へ行きませんか
いいやまブナの森倶楽部による総会と講演会が開かれます

【総会】 14:00~15:00
昨年度の報告と今年度の計画発表。
100年先の森を考えるいいやまブナの森倶楽部の活動を知ることができるそうです。

【講演会】15:00~16:00
テーマ「木と人の関係~森姫を診察してきた樹木医の視点から~」
講師:根萩 達也氏(樹木医)

森太郎、森姫を診察し続けてきた樹木医の先生による『木と人』のお話。
森太郎とともになべくら高原のシンボルとして多くの人に愛されている森姫。
衰退著しいその森姫の現状について樹木医の視点でご講演いただくそうです。
一般的な視点とは違ったお話を聞くことができる貴重な機会のようです。

※総会、講演会に参加ご希望の方は…
事務局(TEL0269-69-2888なべくら高原・森の家内)まで

       110609ブナbaby
今、ちょうど新緑の美しい姿を見せてくれる雄大なブナの森は
私達が生まれる前から100年、200年、300年と生きつづけてきた大先輩
そして、今足元で一生懸命グングンと成長しているブナの赤ちゃん達は
これからの100年、200年、300年先の世界を見ていくことになる…。
そう考えてみるだけで何だか未来に少し近づいた気がしてワクワクします。
と、同時により一層責任も感じて、里山や森が愛しく思います。

6月11日(土)、私も貴重なお話を聞きに行く予定です




この記事のURL | お知らせ | CM(2) | ▲ top
花のように…
2011/06/07(Tue)
110607しゃくやく2 110607しゃくやく1
先日、仕事先でいただいたシャクヤクの花
手のひらに乗るくらいの蕾だったのに顔サイズの大輪の花が咲きました
う~ん、美しい 花を見ると気持ちもパッと明るくなります。

「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花

なんて美人を形容する言葉があるけれど…。
先日、実家の父ったら

「こんな言葉もあるの知ってるかぁ?」と自慢げにこう言ったのです。

「立てばビヤ樽座ればタライ歩く姿はドラム缶

もう、失礼ねぇ~

女性は花に例えられる方がやっぱり嬉しいですよね



この記事のURL | 環境・自然 | CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。