2011/06 ≪  2011/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2011/08
エレガント
2011/07/26(Tue)
110725lily1 110725lily2

庭のユリの花が一斉に咲き誇りました見た目にも華やかだけど香りもエレガント

雨が降った後はなおさら艶やかで美しく映えますね






スポンサーサイト
この記事のURL | 環境・自然 | CM(0) | ▲ top
鈴生り♪
2011/07/05(Tue)
110704ブルーベリー1 110704ブルーベリー2
燦々と照りつける太陽の光を浴びて鈴生りにブルーベリーが実りはじめました
自家菜園TAKANOファームの今日の収穫です

えぇ~、今のところですね…畑の管理はお義父さんに全面的に頼っておりまして
収穫と味見係は私ということで(自称)… え~、一足お先にいただきますっ




この記事のURL | 食・農 | CM(0) | ▲ top
愛のキューピットは???
2011/07/02(Sat)
110702wedding2 110702wedding1
元仕事仲間で友人でもあるK君のご結婚披露宴にご招待いただき、今日は上越まで…。
会場は国の有形文化財に認定されている老舗料亭
お二人らしく和を基調とした厳かでかつアットホームなご披露宴でした

お互い県外出身ですが、同じ趣味を通じて上越という地で出逢ったお二人。
その趣味というのがまた独特で、何と“殺陣”なんです。
上越市の殺陣同好会「越後軒猿衆」に所属していて、
上越の英雄、上杉謙信公を称えて毎年開催されている謙信公祭では、
川中島の合戦の再現で本格的な殺陣の技を披露しているそうです。

謙信公が愛のキューピットだなんて時を越えた運命を感じちゃいますね~。

今や上越の顔としても、敏腕ディレクターとしても活躍し、キリリとした印象の新郎K君も
今日ばかりは顔が緩みっぱなしでデレデレでした。
そりゃ、無理もない、無理もない…。
とにかく、新婦Aさんの色打掛け姿が神々しいほどに美しくて私もずっと見惚れていましたから
もう、お二人の幸せ笑顔にこちらが照れてしまうほどごちそうさまって感じです
ご家族、ご親族を初め、ご友人や仕事仲間から本当に愛されているお二人なんだと納得。

K君&Aさん末永~くお幸せに…
ご結婚、誠におめでとうございます。




この記事のURL | 家族・友 | CM(0) | ▲ top
今思えば…
2011/07/01(Fri)
0701food

食の世界に興味を持って入学した母校の女子栄養大学
卒業してからだいぶ経つけれど、大学で出版している月刊誌「栄養と料理」や
関連の書籍は私もついつい気になって見てしまいます。

と、いう私ですが、食べることは好きでも元々調理はそんなに得意ではありませんでした。
苦手な上、教授の厳しい監督の中やらなければならない調理学のテストは毎回冷や汗もの
でも、そのお陰で苦手だったことができるようになった喜びも大きく、
単純な性格なので、「盛りつけが良いわね…」なんてちょっと褒められただけで嬉しくて…。
いつからか、食べることだけではなくそれを作る楽しさも知るようになっていました。

私が学んだ学科はとてもユニークな授業が多いのも特徴なんです。
表現法の授業では「美味しい」とは言ってはいけない味の伝え方を学んだり…。
情報の授業ではホームページを作成して理想のフードビジネスを展開してみたり…。
街に出て取材、撮影、リポート、編集をして小さな映像作品を制作したり…。
色々な国や地域の料理を食べに行ったこともありました。
自分で作成したレシピ集は今も時々開いては献立づくりの参考にしています。

3、4年生の頃は将来のことで悩みながらも、とにかく色々なことに挑戦していました。
研究室の教授に厳しくご指導いただきながら泣いたり笑ったりの日々…。
子どもの個食や孤食問題、地産地消やスローフードなどを知ったのもこの頃です。
出版社でレシピ本や食育教材の撮影、テレビ局では食番組のアシスタントのアルバイトもして、
憧れのカリスマ料理研究家や料理人の先生方にもお会いでき本当に刺激的な学生生活でした。

また、ここの大学の学食には私も学生の頃毎日のようにお世話になりました。
家庭的で栄養バランスのとれたメニューの数々…。
ご飯はビタミンB群やビタミンEが豊富な胚芽精米です
女子大ですが、学食は一般の方も利用できるので若い男性や家族連れもいて賑わっていました。
あぁ…懐かしい~

主婦になった今、あの頃経験したことが直接結びついているかわからないけれど、
家族の健康づくりのためにも少しは役に立っているかな~と思いながら
大学に行かせてもらったことに感謝している今日この頃です。





この記事のURL | 食・農 | CM(2) | ▲ top
| メイン |