2013/11 ≪  2013/12 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2014/01
良いお年を…。
2013/12/28(Sat)


この一年間支えて頂いた方々と
目の前に広がる大自然に感謝しながら
お正月飾りを手作りしました。

秋の内に用意しておいた草木や実…。
子ども達とお散歩中に見つけた松ぼっくり
実家から譲ってもらった南天の実と松の葉
稲刈りのお手伝いをした時に頂いた稲穂…。

この一年の色々な思い出を振り返りながら
来年へと想いを馳せて…。

お世話になった皆様有難うございました。
皆さまも良いお年をお迎え下さい…。

来る年は年女です♪
パッカパカ駆け巡ります!!





スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らし | CM(0) | ▲ top
雪ん子コロコロ…。
2013/12/28(Sat)
大体、一晩の雪で玄関前の階段は埋まります。



昨冬はおんぶしながら汗だくで雪かきしてたけど、
今冬は兄弟でコロコロと…。
転げ回って雪遊びしていてくれるので捗ります(笑)





こうちゃんはソリで上手に滑りたいと
意気込み充分!!
しゅんちゃんも物怖じせずフカフカの雪にダイブ!!
たくましく元気な雪ん子になぁ~れ♪




おやつは揚げ餅!
砂糖じょうゆに絡ませたはずが、
砂糖と白ごまを間違えていたことに
食べてから気付いた私…(^^;; 疲れかしら?
「まっ、これも美味しいからいいんじゃな~い?」
と3才児に慰められる始末( ̄▽ ̄)ファイト!

おやつを食べたら二人共お昼寝タイム…。
相当遊び疲れたのかぐっすり爆睡です!
さて、薪を運ぶか…。
この記事のURL | 子ども | CM(0) | ▲ top
和お~!なクリスマス♪ part 3
2013/12/27(Fri)
初めてクリスマスを外泊して過ごし、
あれだけ意気込んでいた料理もせずに
楽をさせてもらった2日間(笑)

クリスマス最後の〆にも色々ありました。

まずは、「ママは休んでて…。」と
女子厨房に入らず指令が出され、
男3人でお菓子作りが始まりました。

まぜまぜ…。



こねこね…。



「んっ?」「えっ?」「やばいっ!」「間違えたかも~」



なんて声も聞こえたけれど…。



こんな型で何ができるのかな~??



ワクワク♪



これをオーブンで焼いていると…。
リンリンリンリン♪♪♪

玄関の鈴が鳴りました。

「あっ!サンタさんかな~?」

子ども達と一緒に玄関に行くと誰もいません。
でも、雪の中には大きな足あとが!

「おかしいね~。」と家に入ると電気が真っ暗に!

そしたら、そしたら…。


ツリーの下にプレゼントがあるではありませんか!?

「わぁ~い!」子ども達も大喜び。

木のパワーショベルがほしいとお願いしていたけれど
急遽、カーキャリアに変更したこうちゃん。



果たして、願いは叶ったのかな~?



小さな箱のその中身は…?





木のカーキャリア!!!

サンタさんに願いが届いて良かったね!
しゅんちゃんも大好きな消防車をもらってニコニコ。
サンタさん、ありがとう。大切に遊びます。


そして、そして…。


スイーツ男子達の力作がこちら!
クッキーで作ったトナカイさんとソリ。
本当に感動しました。
もったいなくて食べられません。



幸せなクリスマス!和みの家族時間。
良い思い出になりました。
この記事のURL | 家族・友 | CM(0) | ▲ top
和お〜!なクリスマス♪ part 2
2013/12/25(Wed)
さてさて…。


イブの夜を過ごした小布施を後に向かった先は、上田市。

パパの束の間の休日…。

「クリスマスに熱いパパの好きなようにさせてあげよう!」

というのを良い理由に、計画は全てお任せして、
次は何かな~と楽しむ私(笑)

と言っても、行動は全てその時の思いつき!

連れて行かれるがままにドライブを満喫しました。

着いた先は、こちら!





おもちゃ製作所 銀河工房
http://www.rakuten.ne.jp/gold/good-toy/gallery.html


中の写真を撮影できなかったので公式ホームページをご覧下さい。

とにかく楽しくてワクワクする作品が沢山!
そこで、なぜかおもちゃで遊ぶ私達家族の撮影会に(笑)

店長さんがカメラでパシャパシャ♪
その内、ホームページに掲載されちゃうとか…(^^;;
恥ずかしい~。

大人も楽しめるものばかりで夢中に遊んでしまいました。



銀河工房で遊んだ後は、通りがかりに発見した
夫婦道祖神様に家族円満を祈願♪






そして、腹ペコ家族はお昼ごはんへ…。

行き先は?

上田で有名なお蕎麦屋さんの「刀屋」さん。
http://www.ueda-cb.gr.jp/sobamap/katanaya.html

上田と言えば、真田氏ゆかりの地。
右を向いても左を向いても六文銭の幟旗。

ここでは味噌味の真田蕎麦が人気のようです。

でも、私はくるみ蕎麦を注文(笑)



普通盛りでも大盛り並み!!
太麺でコシが強く、甘いクルミのおつゆが蕎麦の風味を
引き立てるとても美味しいお蕎麦でした。
子ども達もいつになくもっともっとのコール!
ついに、追加注文もしてしまいました。
蕎麦好きファミリーです。

そんな、和お~!なクリスマス♪を過ごし
帰路に着きましたが、
家でもまだまだ楽しみは続いたのでした…。
この記事のURL | 家族・友 | CM(0) | ▲ top
和お~!なクリスマス♪ part1
2013/12/25(Wed)
クリスマスは毎年自宅で迎えていますが、
今年のイブは「クリスマスなだけにどう?」と
夕方から栗で有名な小布施へ…。
クリスマスだから栗の里で済ますって、
いかにも、パパpresentsらしいサプライズです(笑)

そして、念願だった「鈴花」さんでお食事をしました。
http://www.obuse-suzuhana.com/



さいたまスーパーアリーナや九州新幹線、最近では
九州のクルーズトレインななつ星のデザインも
手がけられたという工業デザイナー水戸岡鋭治さんの
設計でとても品のある美しい建物でした。
現代的な和の雰囲気の個室、素敵な器に旬の
食材豊かな繊細なお料理の数々…。















お出汁の優しい味、盛りつけ方や彩りも勉強になります。
子ども達も慣れない異空間にキョロキョロ興味深々!!
私はドキドキ冷汗ものでしたが…(^^;;



スタッフの皆さんとても感じの良い方々ばかりで、
「小さなお子様にも和に親しみを持ってもらえたら…。
楽しんでいただきたいので大丈夫ですよ。」と
おっしゃっていただいて恐縮してしまいました。
更に、もし眠くなったらどうぞと子ども用の
お布団まで用意して頂き細やかなお心遣いが
有難かったです。
とかく、子連れだと外食も遠慮しがちになって
しまいますが、こちらは家族連れにも安心。
しかも、非日常の贅沢な気分にさせてもらえる
オススメの料亭です。
全てが美味しい和会席で楽しいクリスマスイブを
過ごすことができました。

その後はゲストハウス小布施で宿泊。
http://www.ala-obuse.net/gesthouse/

近いと泊まりたくてもなかなか実現できずにいましたが、
たまには良いものですね。
アットホームでご丁寧なおもてなしが心地良く
思い出に残る素敵な家族時間になりました。





私たちはこちらのリーズナブルなツインルームに宿泊。



スイートルームがある土蔵も見学させてもらい…。



B&Bのプチホテル♪朝食も充実!
小布施で作られているチェリーキスのジャムが
とても印象的で美味しかったです。



さて、今日は久々の家族団欒日和♪
楽しみにしているサンタさんからのプレゼントに
たどり着くまでまだまだ道は長いのだ(笑)

つづく…。
この記事のURL | 家族・友 | CM(0) | ▲ top
一陽来復♪
2013/12/22(Sun)
一陽来復♪今日は冬至…。

昨夜の地響きのような雪おろしの雷!
あれを境に飯山は本気モードで雪国と化しました。
外は一面の白銀世界…。
寒いけれど、一陽来復と言うだけあって、
明るい気持ちになります。


冬至に限らず、この時季は我が家でも柚子の出番が多く
家の中は柑橘の爽やかな香りがします。



陳皮は香辛料や彩りとしても食卓で大活躍!



ジャムはお湯を注げばホット柚子茶に♪



種は化粧水として…。



これはトロッとしていて伸びが良く、
しっとりするのにべとつかない優れものです。
乾燥しやすい私にとっての救世主!
爽やかな香りで自然と気持ちも上々↑

さあ、今日はもちろん音楽もゆずで♪
おせち用に柚子の風味を生かした大根の千枚漬けを仕込みます。
頼まれた事務仕事にも集中しなければ!よしっ!








この記事のURL | 食・農 | CM(0) | ▲ top
優しい時間のつくり方…。
2013/12/20(Fri)


年末の大掃除と重なって連日来客があり、「お陰様で部屋の片付けがはかどって良いね~。」と主が喜んでいます(笑)確かに…否定はしません。

今日は可愛いお友達親子が初めて遊びに来てくれました。お互いに近況を報告したり、これからの夢を語ったり、励まし合ったり…。
この一年を振り返るとひときわ似たような想いの人との新たなご縁に恵まれました。そんな友人達から学び、刺激を受けることが多い日々…。


同じ志の人や多種多様の世界観を持った人が集まれるきっかけづくり。前向きに本音で語り合ったり、気軽に交流できる場づくりをしたいと思っていた私にとっては一歩前進です。みんな相手に対する思いやりと確かな愛があります。

いがみ合ったり、批判し合ったり、根も葉もない陰口や悪口などの噂話で時間を費やすのではありません。そういうことは私自身が最も苦手としているし、噂や流行にもすぐ惑わされず、鵜呑みにもしません。だからと言って綺麗事ばかりではなく、上辺だけではなく、問題点にはない頭でも真剣に考えて、真摯に向き合って応じていきたい。何事にも冷静に一本図太い芯のある人になりたいです。

「過ぎてしまえば何と短いことでしょう…。」

これは、ドキュメンタリー映画「天のしずく」の辰巳先生の印象的な言葉です。この映画を観てから時折思い出す言葉。本当に人生一度きり…。同じ時間を過ごすなら、少しでも悲しみや辛さや疲れを和らげることができたら…。そんな憩いの場を作っていきたい。優しい言葉を使い、明るい笑顔を増やし、健やかな暮らしをしていきたい…というのが大きな目標です。

今日の会話の中でも旦那さんや家族を元気にさせてあげたいという話題になりました。「それって母性愛だね…。」と共通の想いがあって嬉しい時間でした。

周りにいる友達とは相互に励まし合い、労わり合い、向上できる優しい時間が流れます…。友達に感謝。ありがとう♡来年はまた一歩前に進めそうです。一歩、一歩…。


MERRY CHRISTMAS & A HAPPY NEW YEAR!!
この記事のURL | 家族・友 | CM(0) | ▲ top
コマメニマメニ…。
2013/12/17(Tue)
大豆の手作業脱穀。
時間を見ては日々少しずつ…。
まだまだ半分にも及ばないけれど
何事も近道はない。
屈せずに愉しもう♪
コマメにマメに…それでいい。






この記事のURL | 食・農 | CM(0) | ▲ top
ヌカラハニージンジャークッキー♪
2013/12/14(Sat)
米糠とおからと蜂蜜と生姜入りのクッキーが焼けました♪
その名もヌカラハニージンジャークッキー。
そのまんま(笑)

この記事のURL | 食・農 | CM(0) | ▲ top
粉吹き柿に…。
2013/12/13(Fri)
新聞紙を入れた空き箱に干柿を敷き詰めて
粉を吹かせます!






この記事のURL | 食・農 | CM(0) | ▲ top
お灸をすえてセルフケア♪
2013/12/12(Thu)

鍼灸師の妹から教えてもらい…。
子どものねんね中に自宅でセルフケア♪
お灸をすえてツボ刺激しています。

この記事のURL | 健康・美容 | CM(0) | ▲ top
柚子で美容ジェルを作っちゃおう!
2013/12/09(Mon)
頂いた柚子は早速、加工保存しました。

ひとまず、果皮、果肉、種を分けて…。
果皮は千切りにして半分はお茶や芳香用に陳皮にするために干し、半分は料理用に冷凍保存。



果肉は絞って半分はポン酢用の果汁、半分はジャムに…。
そして、種は捨てずに化粧水ジェルに!
母は35度のリカーで作っていたけれど、私はアルコールの匂いが苦手だったので、水だけで作っています。
作り方はとっても簡単!適量の水に一晩浸すだけ~(笑)



一晩経って上澄みの水を捨てると…?
種から出るペクチンがプルップルのジェル状になっています。



これを熱湯消毒した小瓶に種ごと入れて冷蔵庫へ。



お風呂上がりに乾燥しがちな膝、肘、踵を中心に塗り塗り!
ほのかに柚子の香りもして、スベスベお肌になりますよ~。

日焼けしやすくなるので外出前には私は顔には塗りません。また、傷口や痒みが強い箇所は控えています。
あくまでも見えないところのカサカサ予防として使っています。

水はお山の清水、自然素材のものだけで口に入れても安心ですが、アルコールなどの保存料は入ってはいないので日持ちしません。
150ml位の小瓶で一週間程度で使い切ります。
終わったらまた種を乾燥させてから水に浸すとペクチンはまだまだ出ます。二度も使える柚子の種パワー!

期間限定!少量生産の自家製美容液。
良かったらお試しください。
これもなかなかオススメですよ~(*^^*)
この記事のURL | 健康・美容 | CM(0) | ▲ top
旬の宝石!気分も晴レルヤ~♪
2013/12/05(Thu)
旬の宝石が届きました。
お友達家族がひとつひとつ収穫したという
採りたての柚子さん達。



箱を開けた瞬間、思わず小鼻が膨らむ心地良~い香り!
柑橘類の爽やかな自然の香りは脳から足の爪先までを
一瞬にしてシャキ~ン!とさせてくれますね。

大好きな柚子の香りに包まれて気分も晴レルヤ~♪♪

これから、鍋物や漬け物などの料理に大活躍!
陳皮やジャムにしてお茶やお菓子、
そして、お風呂や化粧水にも…。
出番が多いですね~!名女優です。

柚子さん達には色々な場面で輝いていただきます(笑)
この記事のURL | 食・農 | CM(0) | ▲ top
甘酒党米麹派の土鍋甘酒♪
2013/12/02(Mon)


毎年、ストーブの季節になると恒例なのが甘酒作り!

小さい頃は苦手だったけど、いつからだろう?
風邪を引くと母が作ってくれる飲み物のひとつが甘酒で、それがじ~んわり美味しく感じるようになって…。
大好きなあまり自分でも作るようになって5年目…。

酒粕バージョンで作ったこともあったけれど、米麹バージョンの素材本来の甘さにはまってから専ら米麹派です。

私は作る度に冷凍保存して年中飲んでいます。
お陰で冷凍庫の中は、甘酒のストックと米麹が半分を占めるほど!
なくなると地元の味噌屋さんや酒屋さんに行って米麹を求めています。
お料理にも砂糖代わりに使うこともしばしば。
煮物やカレーの隠し味に入れてもコクが出ます。
甘酒さん…栄養もあり即戦力がある万能選手ですね。

材料も作り方も至ってシンプルなのに奥が深い。
分量、発酵の温度、タイミング、置き場所によって
味や色が変わってしまうので難しく、
コツを掴むまで何度かトライしてきました。
でも楽しいから蓋を開けるまでが待ち遠しくて…。

今回は、先日とある講演会会場で購入した
飯田の麹専門店の米麹を使いました。



今まではステンレス製の保温鍋で作っていたけれど、
今回は実家からもらった土鍋を使って!
土鍋の保温性は安定感がありますね。

今まで以上にとても美味しく仕上がって、家族や友人にも大好評だったので、私のやり方ですがご紹介しますね。


《材料》出来上がり約1.5ℓ分

米麹 400g
米 二合
塩 ひとつまみ

新聞紙3枚
バスタオル2枚
ホッカイロ
発泡スチロールまたは段ボール箱
小さめの毛布

《作り方》

1、別鍋に米麹400gを入れ、同量のぬるま湯(40℃程度)をかけて蓋をし30分ふやかす。

2、土鍋に米、塩、多めの水を入れて粥を炊く。(500g程度の冷や飯で粥にしてもよい。)

3、湯気が消える65℃まで冷めたら1の米麹を加えて混ぜる。





4、60℃になったらすぐに蓋をして土鍋を新聞紙、バスタオル、ホッカイロ、バスタオルの順に包み、箱に入れる。







5、毛布をかけて30~40℃位のストーブの近くに置き(またはこたつの中に入れて)10時間待つと出来上がり!

私は夕方保温を開始して、朝型出来上がるタイミングでいつも作っています。



蓋を開けるとこんな感じ!
トロットロのつぶつぶで良い感じ。



飲む前にもう一度火にかけてじんわり温めます。
この時、沸騰させないように気をつけます!
保存する場合は、温めずにそのまま清潔な別の容器かジップロックなどの保冷袋に入れて冷凍、または冷蔵します。冷やすのがポイント!
冷蔵の場合は一週間の内に飲むのがオススメ。
冷凍の場合は、2、3ヶ月持ちます(*^^*)

温めたものを保温したままずっと鍋の中に入れておくと発酵が進んで酸っぱくなってしまうのでご注意!


そのままでも美味しいけれど、濃かったらお湯や豆乳で割ると飲みやすいです。これは、子どもも大好きです。
夜はホットの甘酒にすり生姜と醤油を1、2滴垂らして飲むと温まってぐっすり眠れます。

他にも良いやり方があると思いますが、私はこのやり方が今のところベスト!
どうぞ、お試し下さい(*^^*)
この記事のURL | レシピ | CM(0) | ▲ top
神戸のお蕎麦は横綱大イチョウ級!
2013/12/01(Sun)
昨日のお昼は近所の方からのお誘いで、
区の新そば試食会へ♪

神戸(ごうど)の先輩お母ちゃん達が
今年の6月から蕎麦打ちの修行をしてきて
そのお蕎麦の初試食会でした!



初めてで…と謙遜されていたけれど、
見た目といい、食感といい、喉越しといい、
香りといい、茹で加減といい、茹でたてを
冷水でキュッと締めたそのタイミングといい、
みんなが声を揃えて「美味しくてビックリ~!!」と
感嘆する程に大満足の美味しさでした。
本当に、お世辞抜きで充分土俵入りできると思いました。
ちびっ子達の食べっぷり見ても…。

ぜひ、イチョウの黄葉の頃の神戸の名物にして欲しいです。


食べた後は区のお友達みんなと大イチョウまでお散歩♪





ドッサリ舞って、やっと濃い黄色になってきた葉っぱに
コロコロ転げ回る自然児達…。



幸せな子ども達です。

この記事のURL | 食・農 | CM(2) | ▲ top
| メイン |