2015/06 ≪  2015/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2015/08
美味しい赤紫蘇梅干し第二弾!!
2015/07/31(Fri)
ザルが足りず赤紫蘇梅干し第二弾!!



梅酢も一緒に天日干し&月光干し.。.:*☆
今年も私好みに美味しく仕上がりました。





子ども達も炊きたてご飯と一緒にもぐもぐ!
旦那さんはクッシャクシャのすっぱ顔して食べてますケド…

だって梅干しだもの(笑)

これでまた時間が経つにつれて角が取れて
まろやか~な味わいになるはず(o^^o)









スポンサーサイト
この記事のURL | 食・農 | CM(0) | ▲ top
キュウリ夫人~♡
2015/07/30(Thu)
「無駄にしたくないから食べて~!」と
きゅうり7kg分を譲り受けました♪



しかも、民宿の女将さん直伝の佃煮の
レシピ付き!こりゃ、やるっきゃない!
佃煮、漬け物、酢の物、サラダに冷汁…。
毎度毎度の食事から保存食まで、
夏はきゅうり様様です♡ありがたい~。

まずは、きゅうり入刀~!押忍っ!




この記事のURL | 食・農 | CM(0) | ▲ top
なるほど!飯山の食ごよみ 「福を呼ぶお赤飯 編」
2015/07/29(Wed)
我が家の台所には飯山食文化の会のお母さん達が発行された『飯山の食ごよみ』という暦カレンダーがあります♪








季節ごとの行事食や先を見据えた段取りなどがわかりやすくまとめられているので、いつもこれを参考にしながら「あっ、もうすぐあれを食べる頃だな~。」「へぇ~、だからこれを食べる風習があったのか~。」となるほど!ガッテン!なことばかり。昔から伝承されてきたものには生活の知恵と奥深い意味が詰まっている…。こうして親から子、手から手、自然のなかで脈々と培われ築き上げられてきたおもてなしの心は私も大切にしていきたいと常々感じています(*^^*)





何気に「7月は何かな~?」と見てみたら「赤飯」の文字が!!全国的に食べられているお赤飯ですが、米どころ飯山でも節目節目にハレの食として祝い飯のお赤飯が食べられてきたようです。



それを見たら気分的にも食べたくなってここのところ頻繁にお赤飯や強飯を蒸かしています。



また、先日三男坊が生後100日目を迎えたり、誕生日月の家族、友人へのお祝いなども兼ねて出番が多い…。お赤飯は前日からの仕込みもあるので手間も時間もかかりますが、そのひと手間にお祝いの気持ちをギュッと込められるので大好きな料理のひとつです。

そして、何よりこれを作る度に良い知らせや嬉しいことが舞い込んでくる(気がする)!福を呼ぶソウルフードお赤飯♪ これを食べて気持ちもほっこり♡夏バテ知らずです*\(^o^)/*
この記事のURL | 食・農 | CM(0) | ▲ top
梅ちゃん、今年もお世話になります!
2015/07/25(Sat)
土用を迎えて夏空とにらめっこ♪
小さなおててとお日様と風にお手伝い
してもらって今日から天日浴♪
干しながら摘み食い~♪(´ε` )









この記事のURL | 食・農 | CM(0) | ▲ top
いいやま母ちゃんの味伝授!
2015/07/24(Fri)
飯山市農村女性団体連絡会&いいやま食文化の会のお母さん達からのお誘いで「ふるさと味の交流会」に参加してきました♪

いつも温かく迎えていただき嬉しいです。



黒豆ごはん、根曲がり竹のたけのこ汁、田植え煮物、塩丸イカの酢の物といった飯山の夏の郷土食の他、夏野菜の焼き浸し、かぼちゃ煮などのちょっとしたコツや裏ワザも伝授いただきました。


毎回学びが多く、特に「なぜこの料理が郷土食となったのか?」…という文化的背景など奥深いお話を伺えることも私にとっては興味深く楽しみです(*^^*)

例えば、【田植え煮物】は田植えの時期の農家のおごっつおとしては定番料理で、充分に乾燥した身欠きニシンや凍み大根が入っているのが特徴です。なぜでしょう???

ニシンは、かつて畑の肥料になる程大漁に獲れたため五穀豊穣を願って…。凍み大根は、冬の間に縦四等分に切った大根を軒下に吊るして乾燥させたもの。乾燥させると栄養価も高くなり煮物にすると水をたっぷり吸って味わい深くなります。米づくりには水が欠かせない=豊富な水に恵まれますようにとの願いを込めて…。

そして、【塩丸イカの酢の物】。山国の飯山でなぜイカが伝統料理に使われてきたのか??それは、富山地方で加工された塩丸イカが塩の道を通り峠を越えて飯山に運ばれてきた歴史があり、比較的安価で保存のきくタンパク源として重宝されたそう…。

なるほどなぁ~。先人達の願い、知恵、人の往来などの歴史的背景が伝統食から見えてくる。願いや愛情が全て込められているんですね。知れば知る程面白いです…。

こういった季節ごとの郷土の味は、農家の方ほど馴染み深いものですね。私は農家の生まれではないので郷土食とはいえ食べる機会はもとより作ることも少なく、このような郷土料理教室でしか吸収できないことも多いのでいつも新鮮な気持ちで参加させてもらっています。とても嬉しく有難いです。

今回も私は子連れでの参加…。それも皆さん大歓迎で、沢山のおばあちゃん達が代わる代わる子守をしてくださいます♪( ´▽`) 独身の方も新婚さんも妊婦さんも老若男女、国籍問わずどなたでもWelcomeな料理教室…。ふるさとの味の交流を通して幅が広がるのがわかります。参加しないのはもったいない!

希望を出せば相談して色々なことができそうです。皆さんもぜひ参加してみませんか*\(^o^)/*?

この記事のURL | 食・農 | CM(0) | ▲ top
バブ~ってなんだぇ??
2015/07/20(Mon)
区の公民館掃除の後は決まってお茶飲み会♪

机を囲んで向こう側で80代のばあちゃん達3人が楽しそうに茶飲み話…。

いつもそこから聞こえてくる話が私の密かな楽しみでもある。暮らしの中の知恵袋や笑い袋が紐解かれるトキメキの連続…。

「おめ、ルバブーって知ってっか?」

「おらそんなもん知らねやさ。何だね?」

「あのな~、ゴンボ(ゴボウ)っくれ~の長さでフキンボ(フキ)みて~でな、まぁ~んでふってぇ~(太い)んだ!」

「ほぉ~、そんなもんがあるんかね?」

「シベリアだか外国からきたものらしいけんど、寒い土地に強くて毎年同じとこっから出るってっからさ、おらちの畑に1かぶつ(株)だけ植えてみたん。ほぉ~したら、もっくもくでっかくなってきてさ…。」

「ほぅ~!で、そのバブーってのどうするんかね?」

「あっ、バブーじゃなくてルバブーってんだ!ル、ル、ルバブーな!ん??あちゃ、ルーバブってせったかや?」

「ほう~、ルーバブかい!」

「バブ~じゃなぇ~んな!バブーはあの子だわな(笑)」

と、私の背中でスヤスヤ眠る三男を指差して笑っている。

「でっけえ葉っぱなんだけん、使うのはな赤いぐぎ(茎)をさ使うんだけん。」

「あちゃ、ぐぎを食うんけ?」

「スジっこあっからセルリー(セロリ)みたいにはいでさ、ブツブツ切って砂糖で煮てジャムにするん。」

「はぁ~、ジャムになぁ~!そんで、うんめぇんかい?」

「まぁ~んでうんまいで~!すいこやズイキみてぇだけん、煮るとなドロッドロにすぐとろけてさ…。甘酸っこくてな。繊維あって栄養もあっから美容にも良いんだっちゃ!あはは…(笑)」

「あちゃ、美容にもええんかい?そんじゃ、おら食わんじゃいけねな~!あははは…(笑)」

「おら、ヨーグルトにかけちゃあ食べてるん…。」

さすが、女子の大先輩!!
ムラのばあちゃん達の会話は洒落てる♪
すかさず、私も会話に加わってみた。

「○○さ~ん、私もそれ好きだよ~!」

「ほぉ、りえちゃんも知っとるんかい?どうやって食べてるん?」

「私もジャムにしたことしかないけど、ジャムをドレッシングにしてみたり、肉料理の下味やタレにしても良いかも~。」

「へぇ~、そんなもんにも使えるんな!今度やってみっかな?」

「ぜひぜひ!それにしても最近この辺でもよく見かけるようになりましたよね?ルバーブ!!」

「あちゃ!ルーバブじゃないっちゃ!ルバーブってせうんかい?まぁ~んで、横文字ってのはややこしな!あははは…(笑)」

みんなで協力しながらムラ仕事で汗を流し、ちびっこ達がキャッキャキャッキャ跳び廻る中で、じいちゃん&ばあちゃん、若者達の笑い声が響く…♪ そんな素朴な交流のひと時がまぁ~んで好きです(*^^*)






この記事のURL | イベント・地域交流 | CM(0) | ▲ top
ほてった身体に甘酒シェイク
2015/07/11(Sat)
暑~い夏に我が家で大人気のドリンクは
甘酒シェイク~!



冷凍した甘酒をシャカシャカ解凍するだけ~♪( ´▽`)

みんなで楽しくシェイクシェイク♪♪

のどごしシャリッシャリひんや~り♪

昔から飲む点滴と言われるだけあって
栄養豊富で
ほてった身体に優しく効いていくのがわかるよ~。

麹だけの自然の甘さが本当にうんま~い♡

特に炎天下で遊んだ後やスポーツや農作業される方にお勧めですよ~(^_−)−☆





この記事のURL | 食・農 | CM(0) | ▲ top
初夏の恒例台所しごとPart.2
2015/07/06(Mon)
一日一粒は必ず食べる梅干し…。

この時季恒例の梅干しづくりは梅しごとの中でも大好きな時間です(^з^)-☆

県外から飯山に嫁がれた友人が何人かいますが、昨年は三重県出身の友人が紀州南高梅を譲ってくれて一緒に梅しごとを楽しみました。そして、今年はご実家が梅農家をされている方のご紹介で新潟県田上産の『越の梅』を購入させてもらいました。持つべきものは友…とても有難い話でご縁に感謝しています♡



箱を開ける前から甘~い梅の香り♪

静かな夜明け前に大好きな香りに包まれながら黙々とへた取り作業…。





これから塩漬けにして梅雨明けの干す作業がまた楽しみです♪






この記事のURL | 食・農 | CM(0) | ▲ top
| メイン |