2015/11 ≪  2015/12 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2016/01
ヨイショ!ヨイショ!薪運び
2015/12/23(Wed)

ヨイショ!ヨイショ!

薪小屋から一体何往復したでしょ?

暗くなってもお父さんと一緒に黙々と薪運びに勤しむ3才…。

「頼りになるね~!」と言ったら「まっかせて~♪」の返事!

外は凍える程寒いのに「ガンバルとポカポカするね~!」と

良く働いてくれました。

お陰でこの冬も暖がとれそうです。

外から聞こえる「おなかすいた~!」の声がいつもより大きいな~(笑)

スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らし | CM(0) | ▲ top
おおきくなったら…。
2015/12/18(Fri)

「ボクもおてつだいしたいなぁ~♪」

台所でごはんの支度をしていると、

二男が自分のイスを踏み台にして覗いてきた。

「じゃあ、人参さんと大根さんをヒラヒラにしてくれる?」

ピーラーと人参を渡すと嬉しそうに小さな手でスライスを始めた。

ヒラヒラではなく削りかすのようなオレンジ色が

ボウルの周りに散らばった。

「なんじゃこれ~?」と無邪気に笑う3才児。

「じゃ、お母さんと一緒にやろうか?」

隣りの鍋の火加減を気にしながら息子の手を握る。

「こんな感じにやってごらん!」

「わかった!じるん(自分)でやる~。」

何でもやりたがるようになった年頃。

弟が生まれてからしばらくは「ママだっこ~ママやって~」の

毎日だったのに、その真剣な横顔が妙に大人びて見える。

「あっ、ママあのね~…。」

オレンジ色の削りかすは相変わらずだったけど、

まっいいかぁ~とそのまま二男の話に耳を傾けることにした。

息子は何かを思い出した様子で早々に踏み台から降り

「みてみて~」とポケットから小さな折り紙を取り出した。

「あのね、ママのことパチパチするからポーズして~」

お兄ちゃんに作ってもらったというパッチリカメラの折り紙を

私に向けた。

「え~?お母さんごはんの用意したいんだけど~。

う~ん…じゃ、ちょっとだけだよ~♪」

と、言いながらもノリノリではいポーズ!

「いいよ~!いいね~!」と何度も何度も嬉しそうに

シャッターを切る息子(笑)

「ママ、ボクさぁ~おおきくなったらカメラとるひとになりたいんだぁ~。」

「へぇ~、そうなの~?」

今まではお兄ちゃんのマネばかり言っていた二男の口から

初めて大きくなったらなりたい夢を聞いた気がする。

「カメラマンになりたいの?」

「うん。そう、カメラマ~ン!」

「どうして?」

「えっ?だってさぁ~、カメラかっこいいし、

しゃしんってステキじゃん。あとね…」

モジモジしながらニヒッと見上げてこう言った。

「おかねいっぱいもらえるでしょ?パパよりも…。」

「えっ?( ・_・;)」

「だからさぁ~、カメラマンになっておかねもちになるんだ~!」

・・・笑。

「そりゃ、一生懸命にがんばってがんばってみんなが

ステキ~!って思う写真撮らないとお金ももらえないよ~。」

「え?だいじょうぶ。ボクガンバルから!」

何なんだ!この自信たっぷりのドヤ顔は…。

「スゴイじゃん!お金持ちになったら何買うの?」

「ん?おかねもちになったらね~、えっとね~…

どうぶつにごはんかってあげるの…。」

「そうなの~!なんの動物?」

「ライオンさん!ライオンさんにおまめあげたいの。

おいしいから…。」

「へぇ~、そりゃライオンさん喜ぶね~。」

「うん。そう!そしてね、おいしいおかおしてる

ニコニコのライオンさんのしゃしんをとってあげるの…。」

「あぁ、なるほどね~。」

突っ込みどころ満載な言葉のギャップに苦笑しながらも

来月には4才になる息子とこんなにも言葉のキャッチボールが

できるようになったことへの驚きと、

まるで絵本の中にいるような予想だにしない話の展開に

ワクワクがとまらないひと時…。

自分の夢を見つけて、羨ましいくらいにキラキラした瞳。

ライオンキング並みの壮大な夢に向かって、

そのやる気で自らの人生を拓いてもらいたいものです!

 

そして、私に向かってポツリ…。

「でさぁ~、ママはおおきくなったらなにになりたぁ~い?」

あっ、そっか…そうだよね~。夢は無限大で未知数!

「お母さんは大きくなったらねぇ~。

ステキなおばあちゃんになりたいなぁ…。」

「えぇ~?なんじゃ、そりゃ~(笑)」

 

毎日そんな会話が繰り広げられている我が家です。

追伸…。

予定していた夕食の根菜のヒラヒラ鍋は、

急遽みぞれ鍋(雪見鍋)になったとさ。

めでたしめでたし…。

そして、外もようやく本降りの雪、一夜にして銀世界です✨

この記事のURL | 子ども | CM(0) | ▲ top
時代を越えたおさがり!
2015/12/16(Wed)

古き良きものに惹かれてしまう私…。

時代を感じるものや文化に触れる度にタイムトラベル~。

当時の人たちの生活の息づかいとか思い出までも共有してるような

愛し~い不思議な気持ちになります。

良いものって時代を越えても伝え遺されていくし、

私もそうしていきたいなぁ~って思います。

昨シーズンに、実家の父が私が幼い頃に使っていた

プラスチック製の赤いソリとスキー板を改造して

孫と一緒に遊びたいがために手造りしたソリがあるんですが、

Facebookやブログでご紹介したら今だに反響が!

「良いアイデアだね~」

「壊れたソリも再利用できるね!」

「あれ、ウチでもマネして作ってみるよ~」などなど。

さらに、さらに!

先日、友人のかつみさんもそのことを覚えててくださって

「壊される家に保存してあった骨董品のソリがあるからいる?」と

昔の子どもが使っていた可愛い木製ソリを譲ってくださいました。

まさに、時代を越えたおさがり!

わぁ~、これまた素敵✨構造も似ている~。

こういう手造りの道具で遊んだ記憶が父にもあったのかな?

父が見たらきっとまた創作意欲が湧いちゃうかも~。

それにしてもこの冬は暖かい。

いつになったらソリ遊びができるかな~??

今シーズンは私もソリ作ってみようかな~(*^^*)

この記事のURL | 趣味・遊び・学び | CM(0) | ▲ top
おうちごはんの一番のごちそう。
2015/12/15(Tue)

時々、友人や仕事仲間などのファミリーを招いて開くおうちごはん…。

いたって素朴でありふれたものばかりだけど…。

レパートリーも少なくて腕や味にも自信なんてないけれど…。

真心だけはある…そう思ってる(笑)

人が集まる時に大鍋や大皿でおもてなしをすることが何だか好き。

「何作ろうかな~?どんな器にしようかな~?」って

お気に入りの料理本を開いて参考に考えてみたり

「この前作ったあれなら美味しいなぁ~!」

「これなら喜んで食べてくれるかも~?」って

来てくれる人のことを妄想しながら作ることが好き(笑)

そして、何よりひとつの食卓をみんなでわいわい囲んで

にっこりほっこりが生まれるその場の空気がと~っても好き。

そんな風に時間も忘れて気兼ねなく楽しめるおうちごはん…。

お気に入りや持ち寄りの映像を上映したり、音楽を流したり♪

あ~でもないこ~でもないって冗談言って笑い転げたり

時に人生相談室のように真剣に悩みを聞いたり聞いてもらったり。

赤ちゃんや子どもが眠くなったらお布団敷いて横にもなれるし、

みんなに子守してもらったりおんぶしながら食事もできる。

子ども達が賑やかしてくれるのも大歓迎~♪

散らかしてもこんな時ぐらいまっいいかぁ~!ってなれる。

日頃、仕事に家事に育児に遊びに頑張っているみんなが

楽しくリフレッシュできるならそれでいい…。

私もとても嬉しいしかなり息抜きになっています。

おうちごはんの一番のごちそうは来てくれるみんなとの時間だな~♪

みんなで紡ぐ素敵な時間にいつもありがとう~💕

この記事のURL | 家族・友 | CM(0) | ▲ top
あだむさんちで味噌仕込み♪
2015/12/13(Sun)

地元飯山大好きっ子の私だけど、市内ばかりに留まらず

興味があることやためになりそうだなぁ~と思うことには

積極的に動いて市外県外にも飛び出して吸収したい(笑)

そうは言っても、3人の幼子を連れて出かけることは

私にとってはかなりの冒険~。

なかなか勇気がいるものでドキドキです。

今までは自分のことよりもまずは子ども第一!で

母子だけで市外に出かけることすら躊躇っていました(^。^;)

でも、今回Goodタイミングでお味噌づくりにお誘いいただき

子ども達も「やってみた~い!食べた~い!」と大はりきり!

何てったって大好きなお味噌…。

これは行くチャンス~とばかりに即・参加決定~に!

会場はこれまた偶然にもず~っと行きたいな~と念願だった

長野市にある「森の古民家カフェあだむさんち」。

公式ブログ http://ameblo.jp/yyokeyy/

長野市なら近いから大丈夫じゃ~ん!な感じでいましたが、

長野市でも七二会(なにあい)という山間にある地域で、

飯山にもないようなクネクネの細~い道をズンズンと

登ったり下ったりする山奥にあってビックリ!

方向音痴の私では、案内看板がなければきっと

たどり着けなかっただろうな~、たぶん(笑)

やっと到着してこれまたその素敵な雰囲気が予想以上でビックリ!

感動感激の秘境の地でした…。

今回はお会いできなかったけど、お馬さんもいるんですって!

築120年の民家を自分達で改装したという古民家カフェ…。

想像してごら~ん…ほら、行きたくなったでしょ?(笑)

はい。だいぶ前置きが長くなりましたがここからが本題~。

そうそう!今回のメインはお味噌づくり体験です(*^▽^*)

玄関入って早々に大鍋で前日からコトコト炊いているという

ぷっくりぷりぷりの大豆の良い香り~♪

出迎えてくださったのは、オーナーのすみす陽子さんと

ご主人で陶芸家でもあるイギリス出身のアダムさんファミリー。

そして今回のナビゲーターの味噌づくり勉強家の泉さん…。

泉さんはもう十何年も自家製味噌を作られているベテランです!

はじめまして~の参加者の皆さんともすぐに打ち解けて

まずはランチからのスタートでした。

自家製有機野菜たっぷりのアダムさんお手製のお料理をいただきました。

イギリスの伝統的なシチュー「Stew with dumpling」

時間が経つとトロトロに解けてしまうので食べるタイミングが重要!

というこのシチューは日本のすいとんのようなお団子が入っていて、

小麦粉で作られたダンプリングにはハーブが練り込まれています。

確かにイギリスを旅した時に何となく食べた覚えがあるな~。

ふんわりもちもちっとした食感がとても美味しくておかわり~♪

今回はお味噌づくりということでアダムさんのお心遣いもあり

お味噌仕立ての和洋折衷な優しいお味でした。

しかも、器や皿は全て陶芸家でもあるアダムさんの作品…。

あぁ、なんて素敵なんでしょ~💕

大好きな風合いで美味しいお料理が何倍にも美味しく感じました。

そしてこちらは、スロースチーマーで蒸したカブの蒸し物…。

トロっとやわらかな甘さで8ヶ月の三男も喜んでもぐもぐでした。

キャベツとりんごのコールスローサラダ…。

美味しいお食事で満たされたところでいよいよお味噌づくりのはじまりはじまり~♪

まずは、泉さんから材料の説明をお聞きしました…。ふむふむ。

お味噌づくりの材料は?

大豆と糀と塩…あとは愛情💕それ大事~(笑)

大豆は農薬不使用、無施肥のナカセンナリという品種のもの。

安曇野のGucky farm (ガッキーファーム)さんから仕入れられたそう。

丹精込めて作られた大豆は見た目も香りも既に美味しい~♪

炊き加減は親指と小指で挟んで潰れる程度とのこと…。

そして、糀は中野市にある芋川糀店さんのもの。

これに天日塩を混ぜ合わせて塩切り糀をつくります。

両手ですり合わせながらまぜまぜまぜまぜ…。

美味しくな~れ、美味しくな~れ💕と唱えながらおまじない♪

この感触がたまらなく気持ちよい~♪

糀パワーで手もすべすべになるんですよ!

塩がまんべんなく均等に混ざるようにまぜまぜまぜまぜ…。

そうしないと、腐敗が進む原因にもなるとのこと!

よ~く混ざったら、お次は炊いた大豆を計って潰す作業に…。

専用のマシーンを使ったり、ビニール袋に入れて手で潰したり…。

(写真はないけど)それを塩切り糀にまんべんなく混ぜ合わせて~

(写真はないけど)よく混ざったらテニスボール大の味噌玉にして~

(写真はないけど)樽に打ちつけて空気を抜くように均しま~す✨

最後にホワイトリカーを表面と樽の内側に塗り塩を振ってラップをして仕込み完了!

最初はそばで見ていた子ども達も途中から「やりたい!やりたい!」連呼!

てんてこ舞いな感じでしたが、初めて通しで体験できて達成感ありの様子…。

さぁ、どんなお味噌が出来るかな~?半年後が楽しみ楽しみ✨

それを採りたてきゅうりにつけてガブリッ!お味噌汁にしてほっこり…。

くぅ~!想像しただけでお腹が鳴っちゃう~(笑)

私は豆や糀が醸し出す手作り味噌の美味しさを知ってから虜に…!

体験で終わらず、今回学んだノウハウも参考に自分のものにして、

少量でも家庭で出来るようになるのが私の目標でもあります。

こうやって昔の人は買うことなく各家庭で作っていたんだもんね~。

長~い歴史の中で先人たちが培ってきた古き良き暮らしの知恵は

理にかなったことばかりで面白く本当に勉強になります。

素晴らしい!✨

今回、誘ってくださった泉さんはじめ、あだむさんちの陽子さん&アダムさん、

ご一緒させてもらった参加者の皆さま(それがまた素敵な方々で、その道のプロフェッショナルばかりなんです✨)

このご縁に心から感謝しております。ありがとうございました💕

おまけ

終了後におやつに頂いたりんごのクランブルも美味しかったな~

また、ぜひ伺いたい&逢いたいお気に入りの場所と人に出逢えて嬉しい週末でした。

この記事のURL | 食・農 | CM(0) | ▲ top
年末大そうじ開始~
2015/12/13(Sun)

今日は朝から区の公民館の大掃除!

おじいちゃん、おばあちゃん達に混ざって

小さなおそうじ隊もがんばってくれました♪

この記事のURL | 暮らし | CM(0) | ▲ top
リースも衣替え♪
2015/12/10(Thu)

リースも秋から冬へ…。

頂き物のフレッシュローズマリーと庭の柊、松ぼっくりで♪

ハーブリース良い香り~(*^^*)

時計回り?左回り?どうしよこうしよ~?って思うままにやってみたら何だかチグハグな感じになっちゃった(笑)やっぱり師匠のレッスン受けるだな~(^。^;)

この記事のURL | 趣味・遊び・学び | CM(0) | ▲ top
凍みるね~
2015/12/07(Mon)

薪ストーブも湯たんぽも今シーズンは出番待ちが長かったなぁ~。

いよいよ本番!

ポカポカぐっすりです♪

ステキな夢を…おやすみなさい✨

この記事のURL | 暮らし | CM(0) | ▲ top
雪椿…。
2015/12/04(Fri)

今朝、長男が作ってくれた折り紙が雪椿に似ていたので

庭の雪椿の木にのせてパチリッ!

飯山の市花でもある雪椿…。

豪雪に耐え忍び春に雪解けの合間から静かに咲き誇る古風な佇まい。

大好きな花のひとつです♪

裏山の奥の方からまた雪おこしがゴロゴロと聴こえてきました。

さぁ、飯山もこれから本格的な雪国らしさに包まれるのかな~?

雪が積もると周りの鮮やかな草木の緑も赤も黄色も

一斉にかくれんぼですね~(*^^*)

この記事のURL | 環境・自然 | CM(0) | ▲ top
ツケメン?!
2015/12/02(Wed)

我が家の漬け物男子?!

「あぁ、おなかすいた~」と目を覚まし、「これとごはんあればじゅうぶんだぁ~」と

おじさんみたいなことを言って朝から笑わせてくれてます!

毎朝のお手入れ時はお抱え担当でなかなか作業が進みません(^。^;)笑

この記事のURL | 子ども | CM(0) | ▲ top
とうどの気持ち
2015/12/02(Wed)

「越冬野菜いるか~い?」と電話。

ご近所の農家さんからの嬉しいお言葉に甘えて心待ちにしていると、

ドドドド~ンと届いた野菜たち!

お裾分けにしては贅沢過ぎる~(☆。☆)

しばらくは、野菜を買いに行く必要がないくらい!

こちらが恐縮していると

「こんなっくれぇ、お互い様さぁ~!」と太っ腹な明るい声。

いつも元気をもらっています。本当にありがたいです♪

これが田舎の当たり前!と勘違いしてはいけないけれど、

昔からこの地域にある田人(とうど)=手伝い、助け合い、支え合いの風習を

こういうところで感じます。雪国文化が育んできた宝物ですね。

「赤ん坊にも子どもにも安心してあげられる野菜ばかりだから

うんまい料理にして食べとくれ~」と家族のように想ってくださる愛情に感謝です。

「霜も初雪もかぶったから甘くてうんめぇでぇ~。」

わかるわかる!「うんまいよ~」って自己主張してるもん、野菜たちも(笑)

羨ましいくらいパァ~ンとハリがある瑞々しさ!

もうそのまんまでもかぶりつきたいくらい。

さぁ~、どうしようかぁ~?

ひとまず、この冬を元気に乗り越えるために保存食にしようかな?

オススメの保存方法や料理があったらぜひ教えてください(*^^*)

この記事のURL | 食・農 | CM(0) | ▲ top
| メイン |