2017/06 ≪  2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017/08
シャボンレスになろう
2008/07/13(Sun)
「ねぇ、パン食べよっか

既に食事もきちんと済み、満腹万太郎になっていることを百も承知で
「このパン美味しいよ・・・」と巧妙な手口で友達に勧めてみた(笑)
決して友達を太らせたいわけでも困らせたいわけでもなかった。
いただいた手作りパンが本当に美味しいからお勧めしたのだ。

しかし、「出すならもっと早く出してよ・・・」の話である

そう、問題はそこなのだなぜ食後なのか・・・

そこには私なりの魂胆があった
友達がパンに手を差し伸べる前に私はさりげなくパンで皿を拭った・・・
食べたばかりのパスタ皿についたトマトソースをパンで舐めるように拭って食べたのだ。

「ははぁ~ん、そういうことだったのか・・・

友達もすぐに納得してくれて同じように私の真似をしてくれた。
見る見るうちに皿はピッカピカ
でかした!!心の中で拍手喝采
しかも、美味しい 皿はキレイに、パンも一段と美味しくて一石二鳥なのである
私は食器用洗剤をここ数年あまり使ったことがない。
しかも、薄めて使っているから1年で1本あれば充分なのだ。

忘れもしない、学生時代・・・。
夏休みを利用してオーストラリアでホームステイしたときのあのカルチャーショック
水を本当に大切に扱う国であることがわかってとても勉強にはなったけれど
水がもったいないからと洗剤で洗い泡々したままシャボン玉の皿を濯がずにそのまま乾していたのだ。
確かに泡で洗うときれいになった気がして安心してしまうのはわからなくもないけど、
「身体への影響は大丈夫なんだろうか・・・?」と考えただけで背筋がゾッとした。

あれ以来、洗剤を使う前に落とせる汚れはパンや野菜で拭う習慣が身についた。
油物はティッシュ一枚で拭き取れば水洗いだけでも充分にキレイになる
嬉しいことに自然愛好家の旦那っち一家も昔からそうしているらしく
とても理解があるから本当に良かった。
義姉の話だと、洗剤をつけて皿を洗い水でちゃんと濯いだつもりでも
目に見えない泡はまだ皿にビッシリ残っているらしいのだ
汚れは落ちても見えない泡が残っていたのでは全く洗った意味がない。
「あんまり神経質になるのもどうかと思うけど怖いよね…」と2人で笑った。

川、海、魚、動物、そして私達がアップアップ泡を噴かないためにも
自分達なりのシャボンレス生活…これからも続けていきたいと思う♪シャボン玉
スポンサーサイト
この記事のURL | 環境・自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://reeco925.blog39.fc2.com/tb.php/14-9e285601

| メイン |