2017/05 ≪  2017/06 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017/07
さて、クイズです
2008/08/06(Wed)
一袋17円・・・ 


一体何でしょうか?



答えは、飯山市の指定ごみ袋の相場なのじゃ
ごみ処理は完全有料化ではないけれど少なからずお金が発生しているのだ。

例えば、可燃物の収集日は週に2日だから、
毎回1袋ずつでも出すことを考えると単純計算をしても年間1,800円弱。
それだけでなく、プラスティックや不燃物などのごみも指定ごみ袋だから、
計算すると袋だけでも約3,000円はかかっている。
しかも、飯山市のごみ処理場での経費は年間約2億円だというから
市内8000世帯で割ると1世帯で25,000円は負担していることになるのだ。

う~ん・・・

昨日、仕事の打ち合わせの中で改めて知った事実・・・。
ごみを焼却するためにそれだけかかっていることをどれだけの人が知っているだろう・・・。

生活者として、家計を預かる者としてその負担はかなり大きい

が・・・

実際、ごみの分別は正直面倒臭いもんだ。
でも、よぉ~く考えてみると、ごみは自分が作っている。

物を買う時点でいくらでもごみの軽減はできるのだ。
物を大切にすることでごみを資源にもできるのだ。

それを考えると、今まで自分がどれだけいい加減だったのか、
どれだけ無駄遣いをしてきたのか警告状を突きつけられている感じがする
環境問題を考える以前に家計問題を考えるとよりシビアになれるのかもしれない
ごみはただ捨てればいいってもんじゃない。
どのように処理をするのか工夫すれば家計にも優しくなり、
そしていずれは地球環境にも良い影響を与えられるはずだ
そうだそうだ

きれい事では済ませられない現実。
足元からちゃんと見直していかなければならぬ。

「分別もきちんとやれば儲けもんよぉ~ウフフ

いつか飯山くらしの会の方から言われたそのことばの深~い意味が
なんだか生活を通して見えてきた気がする。

だから、これからもごみを減らしていこう

減らすのじゃ~ 
スポンサーサイト
この記事のURL | 環境・自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://reeco925.blog39.fc2.com/tb.php/27-83e06d6f

| メイン |