2017/08 ≪  2017/09 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017/10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ロシア・シベリア旅行記 ~第一章 ウラジオストックの朝~
2008/08/13(Wed)
デッキのドアを開けるとそこは果てしなく広がる海ではなく朝霧の町だった
レンズの先はロシア極東の都市ウラジオストック
目的のシベリア鉄道東方の始発駅がある都市だ

080525ウラジオストック到着理恵子

着いた・・・着いた・・・

声にならないくらいの小さな声で何度もつぶやいていた
着いたんだ・・・ロシアに
まさか来れるとは思ってもいなかったロシア・・・
「新婚旅行どこ行くの?」と聞く誰もが「えぇ~っ?」と予想外だったロシア・・・
誰よりもロシア行きを喜んでくれたおじいちゃんの思い出の地ロシア・・・
そのロシアの地に降り立った

080525ウラジオストック到着

映像でも記録を残そうとカメラを持参していたが
レンズ越しだけでなく直接自分の目にもしっかり焼き付けようと決めていた

ウラジオストック港ではこの旅でお世話になるナターシャ、タ-ニャらが迎えてくれた
彼女達は富山のフラワーアーティストであるマキノの永年の友人で
ナターシャはウラジオストック国際映画祭のプロデューサーをしている

時計の針はまだ朝早い時間を指していた
この日はウラジオストックホテルで一泊
翌日の夕方のシベリア鉄道出発まで自由時間となった
ホテルに着いてちょっと一休みしてからみんなで町へ繰り出した

080525ウラジオストック町めぐり

そこで、まず目についたのは車だ
すれ違う車ほとんどが日本車ばかりなのだ
しかも、○○商店だとか○○幼稚園と書かれたまんまの車が
公共タクシーやバスとして走っているのだ
それだけ日本語がカッコイイ物として受け入れられているらしい

080525ロシアで日本車

この日はちょうどフェスティバルが開かれていて仮装している子ども達が沢山いた
普通に馬もカッポカッポ走っていた

080525ロシアで馬

私たちはレストランに入った
「ズドラーストゥヴィーチェ(こんにちは!)」

覚えたてのロシア語で店員にあいさつ
通じるかどうかはわからないけど雰囲気だけでもロシアを感じたいと
私たちはできるだけ挨拶はロシア語を使った

ロシア船でもそうだったがロシア料理は比較的スープが美味しい
特に代表的な料理テーブルビーツを使ったボルシチは何度食べたことか・・・

ロシアボルシチ

紅色に染まったビーツの色が何とも鮮やかで食欲をそそる
野菜も豊富で味付けもサッパリしているからおかわりをするほどだった
また、蕎麦の実をお米のように炊いて食べる習慣があるそうで
どのロシア料理のレストランでも蕎麦の実料理が多かった
「これは飯山でもできるかも・・・」と蕎麦処の飯山が急に恋しくなった

夜はナターシャらの招待を受けて食事会
こちらでもロシア料理尽くしだった
まずは決まりのウォッカで乾杯

ロシア船の中で教わった乾杯の言葉は「バイヤハレッ」だった
これは、「地球は青かった」という名言を残した宇宙飛行士ユーリー・ガガーリン(ロシア人)が
人類初の月面着陸をしたときの感動の言葉だそうだ

「バイヤハレッ!!」

一際大きな声でみんなで盛り上がり男性陣は一気に飲み干した
食事を楽しみながらMARIO達の演奏が始まった
平和を願い「さとうきび畑」や「千の風」「ふるさと」を奏でた
アドリブで店のピアニストがそのメロディに合わせてきた
初めて聴いたというのにとてもきれいな音色が響き渡る
日本とロシアとの融合演奏となった

次第に梅ちゃんがロシア民謡を日本語で唄い出した
それにつられてターニャもロシア語で・・・
同じ部屋で食事をしていたお偉い様ご一行も一緒に大合唱となった

隣りの席のやよちゃんが私にささやいた
「涙が出ちゃうね・・・」

長年、市民活動でヒロシマ・ナガサキの朗読会をしたり
反戦反核運動などで平和を伝えているやよちゃんにとって感慨深い光景だったのだろう
旅の初めからひとつひとつがギッシリ詰まった実の如くあまりにもキラキラ輝いていて
私たちはその与えられる経験や目の前の出来事が夢を見ているようで
現実のものとして受け入れるまでしばらく時間がかかったような気がする

平和を伝える旅・・・

戦争を知らない私たちが平和を伝えるとき
本当の平和とは何かを考えるとどういうものなのかとまどってしまう自分がいるが
そこには無垢な笑顔があり、信じる心があり、思いやりに満ち溢れた仲間達の姿がある
せっかく与えてもらった人生・・・自分がここに存在している意味を良く良く考えると
一瞬一瞬を無駄には出来ない想いとほんの些細なことが本当に幸せに思える
争いごとをしていてはもったいない
イライラしていてはもったいない

「天使が逃げちゃうよ・・・

ヒラさんから教わったあの言葉が旅の中でも今の生活でも効果的な言葉になったのだ


つづく・・・

スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://reeco925.blog39.fc2.com/tb.php/32-642520b1

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。